クラウドファンディングのちから

クラウドファンディングがもたらす影響力を紹介します

クラウドファンディングで支援を形に

やりたいことを形にするためのツール

ネットワーク社会が構築される以前は、やりたいことへの資金集めは募金が主流でした。街頭に立って待ちゆく人々に訴えかけるということは、時に風当たりが強くて心が折れそうになってしまうことも多かったと言います。また、街頭募金の場合には無作為のターゲットに対して訴えかけなければならないこともあり、少し非効率であったことも事実です。しかしながら、ネットワーク社会の構築によりやりたいことを形にするためのツールが開発されました。それが、他でもないクラウドファンディングです。クラウドファンディングでは、やりたいことがあっても資金力の問題から実現が難しい場合、そのプラットフォームにて支援者を募ることができます。この支援型のツールが優れているのは、無作為のターゲットに対して呼びかけるのではなく、関心の高い人に対して呼びかけを行うことができるという点にあります。ネットワーク社会が浸透したことにより、関心の高い人に的確にアプローチをすることが可能です。

ネットを通じた新しい資金集めの方法

ネットというのは、いつでもどこでも世界中の人と人をオンラインで結ぶ力があります。このネットワークを生かして構築されたのが、クラウドファンディングです。ネットには、何かを形にするために資金を集めたいと考えている人がいる一方で、自分の持つ資金力を人や社会のために役立てたいと考えている人がいます。そうした人たちは、本来バラバラに存在していますが、クラウドファンディングを通じて出会うことができるようになりました。支援を必要としている人と、支援をしたいと考えている人が、同じプラットフォームにて出会い、資金を提供しやりたかったことを実現してきました。また、広く支援者や理解者を募ることにより、一過性の支援ではなく、継続的な支援を行うことを可能としたのです。

具体例を通じて学ぶ支援のあり方

クラウドファンディングが注目されるようになったのは、皮肉にも東日本大震災の支援でした。その頃少しずつ浸透し始めたクラウドファンディングというサービスの有効性にいち早く気づいた人たちが、クラウドファンディングを通じて東日本大震災への募金を募ったところ、多くの支援を集めることに成功したのです。これがきっかけとなり、クラウドファンディングは社会的な重要性を日に日にますようになりました。具体的に行われている支援は、音楽を通じた小児がんの子供への支援や、コロナウィルスによって資金難に陥ってしまった飲食店の支援が行われています。

人気記事ランキング